特定調停について

特定調停ってなに?

裁判所を利用した任意整理の手続き

特定調停とは、任意整理の手続きを判所を利用しておこなう債務整理の方法です。
まず、利息制限法で定められた金利の範囲内で今までの取引全体の引き直し計算をおこないます。その結果残った債務残高を原則3年(36回)以内で支払いしていきます。 各裁判所・調停委員によって違いがありますが、大阪の場合であれば現在の状況や先々の返済のことまで考慮して調整をおこなってくれている傾向にあるといえます。

私たち弁護士は、ご依頼者様の資力や生活状況を加味した上で、将来利息のカット・なるべく長期の分割弁済を求めていきます。場合によっては3年以上の分割弁済を認められるケースもありますので、債務整理の手続きの中でも特定調停は有効な手段の一つといえます。

特定調停のメリットとデメリット

特定調停のメリット・デメリット

通常の任意整理と特定調停ってどう違うの?

通常の任意整理は、弁護士や司法書士が債権者と任意で交渉をおこないますが、特定調停は裁判所に申立てをおこない、弁護士や司法書士と債権者との間に調停委員が入って話し合いをします。話し合いで解決していくという点においては、債務整理の手続きのうちの任意整理と同様ですが、特定調停の場合には裁判所から選ばれた調停委員が間に入って話し合いをしますので、短期間でスムーズに解決しやすい傾向にあります。

特定調停の注意点

調停が成立すると調停調書が作成されます。これには、判決と同じ効力があるので、支払いが滞ったりすると給与の差押えなどの強制執行をされる可能性があります。債務者、債権者共に一定の強制力があるので注意が必要です。また、一部の業者が強硬に非協力的な態度をとることがあり、特定調停の申立てをしても 不調に終わり解決できない場合もあります。

任意に和解を進めていくか、特定調停を利用し和解を求めていくかは個別に検証する必要がありますし、債務整理には他にも様々な手続きがありますので、どの手続きをとればいいのかは私たち専門家にご相談ください。

  • お問い合わせはこちら
  • 無料法律相談のご予約はこちら

料金、システムについて

  • 弁護士が行う債務整理について
  • 裁判所を通した任意整理 特定調停について
  • 弁護士と司法書士の違い
  • 債務整理のすすめ
  • 債務整理前のご確認
  • 債務整理の疑問を解決
  • ご家族の借入れで困っている方へ
  • 総量規制の影響
  • おまとめローン
  • 専門家選びのコツ
  • ご注意ください!
  • ブラックリスト
  • ヤミ金融業者

携帯からご相談可能。

〒530-0047
大阪府大阪市北区西天満2-8-1
大江ビル4階411(アクセスマップ
TEL.06-6130-7880
大阪弁護士会所属 大阪黒川法律事務所