ご家族の借入れで困っている方へ

ご注意ください

当事務所に債務整理のご相談に来られる方の中でも、ご家族、例えば奥さんであったり、ご主人であったり、子供さんであったり、ご家族の借入れで困っていらっしゃる方は大変多くおられます。
「以前に立て替えて一括返済したので借入れはないと思っていた」、「別にまだ借入れがあった」、「再度内緒で借入れしていた」など事例は様々のようです。

ご相談に来られたご家族の方がよくおっしゃられるのは、「ブラックリストに載せて、借入れをできなくしてほしい」というものです。しかし、ブラックリストというリストは存在しないので、確実に借入れさせないようにする手段はないのが現状です。

借入れをしにくくさせる手段はあります!

金融会社は借入れの申込みがあった場合、信用情報機関に借入れ申込み者の信用情報を問合わせすることができます。ですので、その信用情報機関に貸出禁止依頼をすれば、一定の金融会社からは借入れができなくなります。 大手の金融会社には効果がありますが、その信用情報機関に加盟していない金融会社も多く存在するので効果は限定的なものになってしまいます。また、借主本人が手続きをしなければならないため、ご家族といえども借主に内緒で貸出禁止依頼をすることはできません。借主自身の同意があってこそできる手続きなので、ご家族が根気強く説得し自覚を持たせることが必要です。

債務整理をしよう!

債務整理をした場合、金融会社は信用情報機関に債務整理をした旨の報告をし、そのことの記載が載ることとなります。これは信用情報機関に加盟している金融会社は遵守しなければならない共通ルールなので、本人様の同意がどうこうというものではなく、強制的に記載されます。信用情報機関に債務整理した旨の記載があれば、金融会社は貸出しをしにくくなりますので、債務整理をして借入れがしにくい環境を作れば、ご家族の借入れで悩むことは少なくなると思われます。しかし、債務整理の手続きはご本人様でないと依頼できないので、やはりご家族が根気強く説得し自覚を持たせることが必要です。

決意が一番大切!

借主の同意を取って、貸出禁止依頼をしたり、債務整理の手続きをして、信用情報機関に貸出ししにくい情報を記載させたとしても、信用情報機関に加盟していない金融会社やヤミ金など貸出ししてくれるところは沢山あります。やはり借主自身の「もう絶対に借入れはしない」という決意が一番大切で、借主の強い決意があれば信用情報機関に貸出禁止依頼などという手続きをしなくても大丈夫なはずです。周りのご家族がご心配されるのは当然ですが、代わりに借入れの支払いをしたりするようなことはしてはいけません。支払いで悩み、苦労して初めて「もう絶対に借入れはしない」という決意が生まれるのです。少し残酷だと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、安易にことが終ってしまえば、再び借入れされる方が多いのも事実です。借入れをされている方のことを大切に思うのであれば、自分のしたことは最後まで自分でさせるぐらいの気持ちを持って見守るのも思いやりではないかと私たちは考えています。

  • お問い合わせはこちら
  • 無料法律相談のご予約はこちら

料金、システムについて

  • 弁護士が行う債務整理について
  • 裁判所を通した任意整理 特定調停について
  • 弁護士と司法書士の違い
  • 債務整理のすすめ
  • 債務整理前のご確認
  • 債務整理の疑問を解決
  • ご家族の借入れで困っている方へ
  • 総量規制の影響
  • おまとめローン
  • 専門家選びのコツ
  • ご注意ください!
  • ブラックリスト
  • ヤミ金融業者

携帯からご相談可能。

〒530-0047
大阪府大阪市北区西天満2-8-1
大江ビル4階411(アクセスマップ
TEL.06-6130-7880
大阪弁護士会所属 大阪黒川法律事務所